収録専門用語リスト:山積み・山留め

修理隊

専門用語一覧

山積み
「山積み」という言葉は、一般的に物や問題が多く積み重なっている状態を指します。水道関連の文脈で用いられる場合、具体的にどのような状況や意味を指しているのか詳しく説明します。

●山積みの意味
a.物理的な山積み 水道関連で物理的なものが「山積み」されている場合、例えば、配管や機材が積み重ねられている状態を指すことがあります。これは、保管や輸送、施工前の準備段階などでよく見られる状況です。
b.問題や課題の山積み 水道関連で「山積み」されているという場合、問題や課題が多く積み重なっている状態を指すことがあります。例えば、設備の老朽化、水質管理、インフラ改善、適切な供給量の確保など、解決すべき課題や課題が多く積み重なっている状態を指します。
●対処方法
a.物理的な山積みの場合は、整理整頓や効率的な保管方法の導入、必要な物資の選定などが重要です。
b.問題や課題の山積みの場合は、優先順位の設定や適切な計画の策定、専門知識を活用した解決策の検討などが必要です。

「山積み」されている物や課題に対しては、適切な対策と計画を立てて、効果的かつ効率的に取り組むことが重要です。また、必要な専門知識やリソースを活用しながら、課題の解決や物の適切な管理を行うことが求められます。



山留め
「山留め」は、水道工事や配管工事における用語であり、「山留め金具」とも呼ばれることがあります。水道関連の設備や配管において、配管の取り付けや固定に利用される金具や部品を指します。
以下に、山留めについて詳しく説明します。

●目的
・山留めの主な目的は、配管や設備を建築物や構造物に固定することです。これにより、配管が適切な位置に固定され、安定した機能を発揮できます。
●構造と特徴
a.形状 山留めは、一般的に金属製の U 字形や L 字形の金具で、配管を固定するための溝や溝を持つ構造をしています。
b.取り付け穴 山留めには、建築物や構造物に取り付けるための穴や取り付けスペースがあり、これを利用して固定されます。
●利用例
a.配管固定; 主に水道管やガス管、電気配線などを建築物の壁や天井に固定するために使用されます。
b.設備の取り付け; 洗面台や給湯器、エアコンなどの設備を建築物に取り付ける際に、それらを支えるために山留めが使われます。
●取り付け方法
・山留めは、通常、建築物の壁や天井に取り付けられます。適切な位置に取り付け穴をあけ、そこにボルトやナットを使用して固定します。

山留めは、配管や設備の安定した取り付けや固定に重要な役割を果たします。正確な取り付け位置や強度、適切な取り付け方法を選択することが重要です。また、施工時には安全対策や適切な技術を用いて取り付けることが求められます。


水道・水まわりの修理解決!


修理隊総合サポート